ADM (Acquired Dermal Melanocytosis)

English( Please scroll down)

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)について

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM) は、太田母斑のような後天性両側母斑として、1984年にDr. Hori によって最初に報告されました。思春期から中年の東アジアの女性、特に日系および中国系の女性に最も多く見られます。

【症状】
ADMは、直径1~3mmの複数の点状および灰褐色の色素沈着が額や頬骨領域の両側に現れます。

ADMは、額、こめかみ、まぶた、頬部、鼻翼、および鼻根に発症する可能性があります。しかし、太田母斑とは異なり、これらの色素性病変は口や鼻の結膜や粘膜には見られません。ADMは主には顔に発症しますが、四肢などの他の身体には発症する報告もあります。

病理組織学的には通常の皮膚の構造を乱す事なく表皮基底層に不規則な形の双極性メラノサイトが見られます。


【原因】
ADMの原因はよく分かっていません。病変部の真皮基底層にメラノサイトの増殖が見られるため、研究者によっては紫外線、ホルモンまたはその他の要因によって活性化されたのではと仮説が立てられていました。ADMのほとんどの症例は散発性であり遺伝的要因はあまり関係がないようです。


【治療方法】
ADMは、肝斑治療と同じ方法で治療できますが肝斑よりも治療が困難です。1つの治療法だけでなく、数種類の治療の組み合わせがお勧めです。

※Qスイッチレーザーは、ADM治療の1番の治療法です。より新しいレーザーを使用することで効果は高くなります。ピヤワットクリニックでは、US FDAによって承認された最新のQスイッチレーザーモデルを使用しています。
※グリコール酸などのケミカルピーリングは、ADM 治療に役立つことが報告されています。
※日頃のスキンケア: 日焼け止めと美白用スキンケアは ADM治療に有効です。ピヤワットクリニックでは、主に天然由来の成分が配合されているホワイトニング製品を取り揃えています。

Acquired dermal melanocytosis (ADM) was first reported by Hori in 1984 as acquired bilateral nevus of Ota-like macules. It is most frequently seen among adolescent to middle-aged East Asian women, particularly those of Japanese and Chinese descent.


Symptom
✔️ADM manifests as multiple punctate and greyish-brown pigmented areas 1–3 mm in diameter occurring on both sides of the forehead and zygomatic region.
✔️ADM can involve the forehead, temples, eyelids, malar areas, nasal alae, and nasal root.
✔️Unlike the nevus of Ota, these pigmented lesions are not observed in the conjunctiva or mucous membranes of the mouth or nose.
✔️Although ADM affects mainly the face, there are also reports of other body areas involvement such as extremities.

Histopathology
Histopathological examination generally reveals irregularly-shaped, bipolar melanocytes in the upper and middle dermis without disturbance of the normal skin architecture.


Cause
The pathogenesis of ADM is not well understood. There is a research found immature melanocyte in the dermis of lesion of ADM. So the researcher hypothesized that these immature melanocyte is activated by UV-radiation, hormone (estrogen and/or progesterone), and some other factors.
Although a positive family history has been reported in one study, most cases of ADM are sporadic and genetic factors have not been suggested.

Treatment
ADM can be treated in the same way as melasma treatment. ADM is more difficult to treat than melasma. Combination of the treatment is highly recommended.
✔️Q switch laser is the major priority for ADM treatment. New laser model should get more effectiveness than older machine. At Piyawat Clinic, we use the newest Q switch Laser model approved by USFDA.
✔️ Chemical peeling such as Glycoric acid is reported to be helpful for ADM treatment.
✔️ Daily products: Sunscreen and whitening agent are helpful for ADM treatment. At Piyawat Clinic, we use mainly on natural whitening agents.

肝斑治療の6つのルール

肝斑治療には様々な問題があります。

良い治療結果が得られる場合と、

変わらないもっとひどくなるケースも

肝斑ついて、知っておくべき事と治療の原則とは

その1 「肝斑は完全には治せない」

 肝斑は色素細胞の機能不全によって引き起こされます。 現在の最新の治療技術でも、肝斑を完璧に治すことはできず、徐々に薄くし、皮膚細胞の機能回復を助けることしか出来ません。

 最新のレーザーと適切な治療を組み合わせることで、色素沈着を防ぎ、皮膚細胞の機能回復を助け、肝斑を薄くすることができます。

 さらに、シミの薄化、毛穴の引き締め、小じわの減少、肌質の改善を実感できます。

その2 「薄くなった肝斑も再び」

 肝斑は日光などの外的要因や体内のホルモンなどの内的要因によって、刺激されることがあります。

 そのため、レーザー治療を24週間ごとに行うなど、色素が再生される前に肝斑治療を繰り返し行う必要があります。

その3 「自己ケア」

 肝斑の治療では、ご自身でケアをすることが非常に重要です。 医師による治療だけでは充分な効果を得ることはできません。

 肝斑は日光などの外的要因および体内のホルモンなどの内的要因によって作り出されます。

 美白クリーム、ビタミンC美容液、日焼け止めなど、毎日のプロダクトをきちんと使用し、日常的にしっかりとケアすることをお勧めします。

 特に、効果の優れた気候に適した日焼け止めが必要です。

 暑くて汗をかきやすいタイでは、日焼け止めを通常よりもしっかりとつける必要があります。

 さらに、身体の内側から健康を守ることも重要です。 肝斑は、ホルモンの変化、健康、ストレス、不眠症の問題によって引き起こされる場合があるためです。

 ピヤワットクリニックでは、FDAに登録されている、適切安全な漢方薬を使用し、効率的かつ安全に治療しています。

その4 「医師への相談」

 計画的な治療のためにも、医師によるカウンセリングを受け、問題点と自分に合った治療計画について、医師と納得するまで相談するべきです。

その5 「マシーンの効率と安全性」

 これはとても重要な事です。 肝斑の治療に使用されるレーザーには、QスイッチND YAGレーザーなど、同じ名前があるためです。  Qスイッチレーザーのモデルは大変多く、品質と効率は大きく異なります。

 新しいモデルはより効果的であり、古いモデルに見られる問題点を解決し改良されています。 どのレーザーモデルが治療に使用されているかを、クリニックに尋ねることをオススメします。 

その6 「天然由来」の成分

 肝斑には、効果的で安全な天然由来のプロダクトが必要です。

 ピヤワットクリニックの治療には、常に天然由来のものを使用しています。シャワージェル等の日用品や漢方サプリメントもUS FDAによって公式認証されている天然の成分を使用しています。

 

การรักษาผิวหย่อนคล้อยและเม็ดสี กระฝ้า

日本語
English (scroll down)

Sagging and Pigment

ปัญหาผิวหย่อนคล้อยและปัญหาเม็ดสี กระ ฝ้า เป็นปัญหาหลักที่คนมักจะเข้ามาปรึกษาแพทย์ วันนี้เราจะมาแนะนำการรักษาที่ได้รับความนิยม เนื่องจากสามารถเห็นความเปลี่ยนแปลงของผิวตั้งแต่ครั้งแรก

“Double Age Lock+Q switch Laser” เป็นการผสมผสานการรักษาที่สามารถยกกระชับผิวไป ลดริ้วรอยพร้อมกับการทำให้ผิวผ่อง หน้าใส ลดรอยดำ กระ ฝ้า ประกอบด้วยขั้นตอนหลัก 3 ขั้นตอน

  • ขั้นตอนที่ 1 Double lift เป็นการยกกระชับผิวด้วย2พลังงาน ซึ่งประกอบด้วย คลื่นวิทยุหลายขั้ว(Multipolar Radiofrequency) และ การกระตุ้นด้วยแรงกล( Mechanical Stimulation) พลังงานทั้งสองจะทำงานร่วมกันช่วยเพิ่มการไหลเวียนของเลือด และกระตุ้นการสร้างเส้นใยคอลลาเจนซึ่งจะช่วยเสริมกันในการยกกระชับผิวให้คงความอ่อนเยาว์
  • ขั้นตอนที่ 2 เป็นการใช้ Q switch ND:YAG Laser รุ่นใหม่ที่ได้ผ่านการรับรองจากองค์การอาหารและยาของสหรัฐอเมริกา ทำการรักษาผิวโดยมีขั้นตอนย่อย อีก 3ขั้นตอน คือ
    • เลเซอร์ฟื้นผิว (Laser Toning) เป็นการใช้เลเซอร์ฟื้นฟูผิว กระตุ้นการสร้างคอลลาเจน ช่วยให้ผิวรียบเนียน
    • เลเซอร์ลึก (Deep laser )เพื่อรักษารอยดำ กระ ฝ้า และกระชับรูขุมขน
    • เลเซอร์เฉพาะจุด (Focus laser) เพื่อรักษารอยดำตื้น หรือ ขี้แมลงวัน
  • ขั้นตอนที่ 3 Double treatment เป็นขั้นตอนการผลักวิตามินและสเต็มเปปไทด์ช่วยให้เซลผิวทำงานได้ดีขึ้น และช่วยให้ผิวผ่องเนียน วิตามินและสเต็มเปปไทด์เป็นโกรทแฟ็คเตอร์ช่วยเสริมสร้างคอลลาเจน

 

การรักษานี้สามารถเห็นความเปลี่ยนแปลงของผิวตั้งแต่ครั้งแรก เพื่อให้ได้ผลการรักษาที่ดี แพทย์แนะนำให้ทำทุก 2-4 สัปดาห์

 

Treatment for Sagging and Pigment Freckles Melasma

Sagging and Pigment Freckles Melasma are the main problem that people often come to consult a doctor. Today we will introduce a popular treatment. You can see the change of the skin from the first treatment.

“Double Age Lock+Q switch Laser” is a combination of treatments that can lift and tighten the skin, reduce wrinkles, and make the skin look bright, reduce dark spots, freckles, melasma, blemishes. It consists of 3 main steps.

  • The 1st Step: “Double lift” is treatment with Multi-polar RF and Mechanical stimulation. The combination of 2 energy will improve blood circulation and stimulate new collagen synthesis then have synergistic effect to lift up the skin and maintain youthfulness.
  • The 2nd Step: “Q switch Laser” Newest model, USFDA approved Qswitch Laser is used to treat the skin in 3 steps.
    • Laser Toning help improve skin quality, stimulate the production of collagen and smoothen skin.
    • Deep Laser help improve blemish, freckles, melasma and reduce pore size.
    • Focus laser help improve superficial pigment and flat mole.
  • The 3rd Step: “Ultra deep” is treatment by nourishing Vitamin and Stem solution into the skin helps improve and brighten the skin. Vitamin and Stem solution work as growth factor to enhance collagen production.

We can see the change of the skin from the first time and more results in the next treatment. For the Best result, doctors recommend getting the treatment every 2-4 weeks

【シミ】【たるみ】 2大エイジングケア (Lifting and Pigment Clear)

Sagging and Pigment

ภาษาไทย English

「シミ」と「たるみ」は、クリニックでほとんどのお客様からご相談を受ける

最も多い悩み事です。今回はシミとたるみについてご紹介します。

 

【シミケア】

シミには肝斑、老人性色素斑(日光黒子)、そばかすなど様々な種類があります。「肝斑にレーザーを当てていいの?」 この質問をよく受けますが、最新式Qスイッチヤグレーザーなどは、肝斑にも効果的です。 ピヤワットクリニックでは、3ステップでレーザーを当てます。

Step 1

レーザートーニング

肌質の改善、コラーゲンの生成を促し、肌を滑らかにします。

Step 2

ディープレーザー

傷やそばかす、肝斑の改善、毛穴の縮小にも効果的です。

Step 3

フォーカスレーザー

肌の表面に出ているシミや平らなホクロの改善をするレーザーです。

このシミレーザーは全てのシミにアプローチするだけでなく、毛穴の収縮や小じわの改善を始め、肌のキメを整えハリを持たせ肌質改善が可能になります。

【たるみケア】

目元や口元、法令線のたるみが気になっている方は多いと思います。 最近ではHIFUやウルセラなど、リフトアップのレーザーも様々な種類があります。 当院では、HIFUやウルセラよりも気軽に受けられる『ダブルエイジロック』という人気メニューがあります。

Step 1

ダブルリフティング

マルチポーラーRFと物理的な刺激による治療です。2つのエネルギーは、血液循環を良くし、新しいコラーゲン生成を促すことで肌を持ち上げ、若々しさを維持します。

Step 2

ウルトラ・ディープセル

肌の再生に効果のあるステムセル美容液とビタミンをエレクトロポレーションで肌に導入することにより、コラーゲン、エラスチン、 ヒアルロン酸を増やし、肌の潤いとキメを整えます。

この【シミケア】 と【たるみケア】を同時に行うと、相乗効果で肌全体のトータルケアができ、非常に効果的です。

症状が進んでしまったシミやたるみは、1度のケアで満足を得られることが難しいため、根気よく治療を続けていただくことで理想のお肌に近づけられます。 2〜4週間ごとに施術を受けていただき、2回目、3回目以降の変化や改善を丁寧にカウンセリングさせていただきます。